連によるSUPER DINING a&wの日記! お料理、ワイン、チョイ悪親父、歌姫、牡蠣好きシェフ情報満載!
--年 --月 --日 ( --)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007年 04月 22日 ( Sun)

BEVITORE
DSCN2007.jpg



今日は福田先生の船、Bevitore号でクルージングです。
Bevitoreとはイタリア語でのんべえ、酒飲みという意味です。
(おまわりさんに怒られそうな名前ですが・・・)

OPTLYNXの皆様、マリさん、岡田シェフと共に田尻までの船旅です。
DSCN2005.jpg
お天気があいにく曇り、雨でしたが、風が温かく、気持ちのいい船旅でした。
DSCN2009.jpg


あれっ?岡田シェフ操舵ですか?
免許はお持ちでしたでしょうか?
DSCN2010.jpg
嘘です・・・下の操舵室で先生が操舵されております・・・

私は今回はじめて乗せていただいたのですが、海から見る大阪の街は初めてで、普段と違った景色が見えました。
DSCN2006.jpg
関空快速もこの位置から見るのはは初めてです・・・。
DSCN0001.jpg

あっという間に田尻の港に着きました。港で新鮮な魚介で乾杯です。
3.jpg

肉体美が素敵なアロハオートの佐野社長も応援に駆けつけてくださいました。
2.jpg
優しい心と締まった黒い体!さすが海の男です!
バーベキューをしていただいた上に、
鳥貝の刺身など色々と教えていただきました。
佐野社長ありがとうございました。
今度は是非社長の我路号にも乗せてください。

65.jpg
帰りは海も穏やかで気持ちのいい帰路となりました。

港に着き、福田先生のお宅にお邪魔して操舵で一人飲めなかったbevitore(福田先生)を囲んで二次会となりました。


今日も楽しい素敵な一日となりました。257




スポンサーサイト
2007年 04月 21日 ( Sat)

マグロの解体
DSCN1994.jpg



「すいませーん。お荷物なんですけど重くて運べませんので手伝ってもらえますか?」
そんな運送屋さんの一言から始まった今日の一日。
今日はマグロの解体イベントの日なのです。
「はいはい。今すぐ・・・」
と出て行ったのはいいけれどさすがにこれは・・・という重さでした。
40kのマグロと氷の入った箱をを開け、マグロとのご対面です。

お昼を済ませて戻られたR3の先村社長も早速写真を・・・
DSCN1996.jpg
お優しい社長は早速ご自身のブログにご紹介くださいました。
ありがとうございます社長!
またお待ちしております!



DSCN1995.jpg看板も出て・・・

いよいよ解体です!
DSCN1998.jpg
このマグロを仕入れてくださいました松本会長にマグロの説明と、各部位の名前とおいしい食べ方の説明をしていただきました。
松本会長、いつもおいしいマグロをありがとうございます!

そして岡田シェフの見事な包丁捌きで・・・
DSCN2000.jpg
マグロはあっという間に解体されました。
DSCN2001.jpg
普通では食べれない、マグロでいちばんおいしいとされる骨の周りの身をお客様にスプーンで取っていただき、その場で食べていただきました。

そして刺身、福田先生によるお寿司。カルパッチョ、タルタル、ステーキ、丼・・・マグロは色々な姿に変わって、テーブルへと運ばれました。

それにしてもマグロの赤身と、少し酸味のある赤ワインはよく合
います。
今は手に入りにくくなってしまったマグロですが、今日は思いっきり贅沢にいただきました。
ご参加くださいました皆様。ありがとうございました。

また次回も楽しみです。






2007年 04月 13日 ( Fri)

new
DSCN1982.jpg
limoncello



リモンチェッロ:
イタリアのナポリでよく飲まれているレモンの甘いリキュールです。冷凍庫に入れてキンキンに冷やして飲みます。
胃を活発化させてくれるので食前に飲むと食欲増進に・・・食後に飲むと消化を助けてくれます。
イタリアで出会ったリモンチェッロ名手のおばあちゃんのレシピで造った当店の手造りです
これからの季節に最高です。是非お試しください。


DSCN1984.jpg
terrazzo


表にちょっとしたバルコニーができました。
当店自慢の名棟梁、
池上さんによるこちらも手作りのバルコニーです。
これからの季節風を感じながら一杯・・・なんて素敵ですね。
福田先生によるシャンパンバーに・・・という計画も?


DSCN1985.jpg
???


さて何の箱でしょう?
それはいらしてからのお楽しみです。
お寿司の日に関係するかも・・・?

色々新しいものが増えて楽しくなりました。

今日はマリさんのほろ酔いライブの日でした
DSCN1989.jpg
素敵な歌声が店内に響き渡ります・・・

DSCN1990.jpg
ナポリっ子も驚きの福田先生によるカンツォーネも・・・

今日も素敵な一日となりました。




2007年 04月 03日 ( Tue)

自然野菜
DSCN1963.jpg



今日は長野から待ちに待ったお野菜が届きました!
私が2003年の春から冬まで野菜の勉強にお邪魔していたゆい自然農園さんの無農薬・無化学肥料の有機野菜です!DSCN1969.jpg

お邪魔してた頃は自然に囲まれての仕事で草を手で引いたり、植え替えをしたりといった毎日でした。(ムラジの農作業風景はこちらです。笑わないでくださいね・・・)でも毎日本当においしいお野菜をいただいて幸せでした。

ゆいさんのお野菜に出会ったのはかれこれ5年前でした。
いただいたニンジンを食べてびっくりしました。ただ甘いだけではなくニンジンの香り、土の香り、旨み、苦味、いろんな味が口の中に広がったからです。今まで食べていたニンジンて・・・?本当にそう思えた味でした。でもこの差は一体どこから?どうやったらこんなにおいしい野菜が?そこで半年間お邪魔して実際に勉強させてもらってたというわけです。

行ってみて、実際土に触れて、作業をしてなるほど納得です。こんなに手間隙をかけて愛情をたっぷり注がれて育ったお野菜です。おいしくないわけがない!土は真っ黒でふわふわで虫もいっぱい住んでいました。

ゆいさんのお野菜は収穫して3~4日すると元気がなくなり、色も変わってきます。でもそれが自然なのです。いつまでも色の変わらないブロッコリーやレタスの方がおかしいのです。由井師匠はあまり多くは語られませんがいつもそういった大切なことを教えてくださいました。
畑からの帰り道、レタスだけを作っている単一畑を通っていましたが大きな車で毎日のように農薬をかけていました。私の乗っている車の前が真っ白で前が見えないくらいに・・・。今までこれを食べていたのかと思うと正直怖かったです。

今日は長芋、にんじん、ほうれん草、水菜、ルーコラ、ジャガイモ、菜花、ふきのとう、小松菜といったお野菜です。まかないでほうれん草を少しいただいてみましたがやっぱり甘いし味が濃い!
由井さんこれからもよろしくお願い致します。

今日はもう一つ嬉しいものが届きました。
権藤さんが丹波から山菜を届けてくださいました。
DSCN1973.jpg

 DSCN1979.jpg

DSCN1976.jpg
のびるに甘草、うるい、こごみ、つくし、せり、わらび、うど・・・盛りだくさんです、
今日はこれらの山菜の試食会です。
DSCN1980.jpg
DSCN1981.jpg
しいたけ、塩、醤油のみの味付けで山菜鍋です。
これだけの調味料でこんなにおいしくいただけるなんて!
こちらも驚きです。

自然野菜はすごい!強い!うまい!
今日は力強い春の自然を感じた一日でした。




copyright © 2007 muraji all rights reserved.
- Powered by FC2ブログ ・ Designed by うずら -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。